名古屋プラス社労⼠事務所の
助成⾦申請代⾏サービス

社会保険労務⼠が申請を代⾏する助成⾦は、厚⽣労働省管轄で取り扱っている雇⽤関係の助成⾦が対象となり、融資とは異なり返済が不要です。補助⾦等は対象外となります。
雇⽤関係の助成⾦には、社員を採⽤する時、社員の雇⽤を維持する時、処遇や職場環境を改善する時、仕事と家庭の両⽴や、職業能⼒の開発を⽀援する時等で対象となるものがあります。助成⾦は、会社が納めている労働保険料(雇⽤保険料)が財源となっており、年度の予算の限り、⽀給要件を満たした場合に事業主に⽀給されます。
ただし、書類の不備があった場合、労働法に違反している場合等で、申請しても審査の上、⽀給されない場合があります。
近年、社会保険労務⼠でない者による助成⾦の申請⽀援サービスによって、事業主の皆様が不正受給等の法違反に問われたり、詐欺被害に遭遇してしまうケースも発⽣しています。
助成⾦の申請には、事業主の⽇頃の労務管理が⼤変重要となり、労務の法律知識、専⾨知識が必要の上、申請期限もございます。
専⾨家である社会保険労務⼠に依頼されることをおすすめ致します。

業務内容

  • 助成⾦の申請のスケジュール管理
  • 計画・申請の必要書類の作成
  • 計画・申請の必要書類の精査 等

⼈気の助成⾦

  • キャリアップ助成⾦:正社員化コース
  • 働き⽅改⾰推進⽀援助成⾦:
    勤務間インターバル導⼊コース
  • ⼈材確保等⽀援助成⾦:
    働き⽅改⾰⽀援コース
  • 両⽴⽀援等助成⾦:
    出⽣時両⽴⽀援コース(男性育休)
  • 両⽴⽀援等助成⾦:
    育樹休業等⽀援コース(⼥性育休)
  • 65歳超雇⽤推進助成⾦:
    65歳超継続雇⽤促進コース
  • 65歳超雇⽤推進助成⾦:
    ⾼年齢者無期限雇⽤転換コース
  • ⼼の健康づくり計画助成⾦
  • ⼈材開発⽀援助成⾦:特定訓練コース

受給までの流れ

助成⾦は取り組みを始めてから受け取るまでに、早いものでは5〜6ヶ⽉程度、⼀般的なものでは1年以上掛かります。
⽀給要件に沿った実施計画の準備や実施、必要書類の作成、⾏政の審査など、助成⾦を受給するには多くの⼯程があります。審査に通るためには、専⾨知識のあるプロの社労⼠のしっかりとしたサポートが必要です。

助成⾦申請スケジュール

STEP0

お問い合わせ

(お電話かメールでお問い合わせください。)

STEP1

会社の現状のヒアリング・
ご提案及びお⾒積り

(取り扱っていない助成⾦もございますのでご了承ください。)

STEP2

対象助成⾦の計画届作成・届出

STEP3

就業規則作成・届出

STEP4

計画届の内容実施

STEP5

申請帳票の確認・整備

STEP6

助成⾦の⽀給申請

STEP7

助成⾦の受給・
代⾏報酬のお⽀払い

よくある質問

当事務所に寄せられる、助成⾦についてご相談・ご質問で多いものをご紹介させていただきます。

Q

助成⾦とは⼀体何ですか?

A

助成⾦や補助⾦は、国や都道府県、省庁などの⾏政機関が、ある⼀定の基準をクリアした中⼩企業等に交付する給付⾦で、原則的に返済は不要です。助成⾦の中には⺠間企業や財団等が公募しているものもあります。助成⾦の中には⼤きく2つの種類があり、雇⽤関係と研究開発関係に分けることができます。

Q

本当に助成⾦は返済しなくて
良いのですか?

A

助成⾦は融資ではないので返済の必要はありません。受け取った助成⾦の使い道も制限はありませんが、創業時や研究開発のための助成⾦は先に経費を使う必要がある場合があります。

Q

助成⾦は申請すれば
絶対もらえるのですか?

A

要件を満たしている場合には⾼確率で受給することができますが、審査があります。助成⾦を申請した場合には労働基準法を満たしているか、社会保険に適正に加⼊しているか、就業規則は整っているかのチェックが⾏われます。
審査の結果、適正でないと判断された場合には受給することができません。ですから助成⾦は申請すると絶対に受給できるものではなく、申請する助成⾦の要件をしっかり確認し、満たしておくことが必要です。
助成⾦には多くの種類がありそれぞれ要件が設定されているため、申請の際は専⾨家である社労⼠に相談することをオススメします。

Q

助成⾦にはどのような種類が
ありますか?

A

助成⾦の種類は、そのときの国の政策によっても増減しますが、50種類以上もあります。
当事務所では、多数ある助成⾦の中から、会社様ごとの課題に合わせたプランをご提案させてたいだきます。

Q

どこの会社も申請してるのですか?

A

助成⾦は、返済の必要がないので有効利⽤されている会社が多くあります。中⼩企業では特に必要とされ、幅広く活⽤されています。助成⾦は、国から申請を促されることはなく、⾃発的に申請するものなので、助成⾦についての知識がないと申請すらできません。是⾮専⾨家である社労⼠へご相談ください。